全保連って一体どんな団体だろう

家賃保証をしてくれる全保連

賃貸物件を運営している場合、時には入居者が家賃を滞納してしまうことも有ります。

またそれ以外にも夜逃げなどをしてしまい、本来受け取る事が出来る家賃を一切回収できないと言う事態に陥る可能性が無いわけではありません。

そこで借り主から家賃を回収する事が出来ない場合に、借主に代わって家賃を払ってくれる仕組みとなっているのが全保連です。

ただ、全保連自体が全ての賃料を肩代わりすると言う訳ではなく、その後は大家さんに代わって滞納した家賃を借主から取り立てる仕組みです。

つまり、家賃保証をしてくれる会社、と言う事になります。

また全保連を利用する場合は、予め審査を受けなければ言えません。

通常、席雇用者であれば物件の値段も関係しますが、基本的には正規雇用者であれば審査に通る確率が高くなっています。

自営業の場合は2年以上の実績を見て判断する事が多く、さらに家賃が高額になればなるほど信頼性も審査される様になって行きます。

だから、物件によっては無職だったり学生だった利する場合は信用度があまり高くなりと言う事で、保証人を用意しなければ審査に通りづらい状況となっています。

ただ、家賃の滞納をしたからと言って、無理な取り立てをする訳ではありません。

強引な取り立てをする事は無く、基本的には法律の範囲内で問題の無い取り立てを行っています。

全保連を利用するメリット

大家さんにとって全保連を利用するメリットは、やはり滞納した場合の家賃の催促をしなくても良くなると言う事でしょう。

自分で催促するとなるとどうしても面倒で、さらに相手の対応によってはかなり大変な作業となってしまいかねません。

しかし家賃保証会社を利用すれば、自分の代わりに督促を行って貰えるので、自分は何もしなくても良くなります。

また、全保連の家賃保証システムは入居期間中の滞納賃料などを保証してもらえるので、その間に入居条件の見直しをすれば、敷金や家賃等の減額が出来る場合もあり、入居者にとってもより魅力的な物件となる場合も少なくありません。

つまり、魅力的な物件に出来れば入居率がアップする事に繋がると言う仕組みです。

もちろん入居者側としても連帯保証人を用意しなくても入居できるようになるので、より一層入居しやすい物件にする事も可能です。

現在では家賃保証を行う会社は数多く存在していますが、その中でも利用している大家さんも多く、手厚いサポートを受ける事が出来ると評判の会社だと言って良いでしょう。

※全保連のCMはこちら⇒https://www.youtube.com/watch?v=Z9EP2nh5PoE