結婚祝いに贈る金額や品物のマナー

結婚祝いの金額相場について

結婚の祝いの金額は新郎新婦の関係性や贈る側の年齢などにもよって異なります。
職場の同僚や友人に御祝儀を贈るときには3万円が目安となりますが、特に親しい友人やお世話になった人の場合には5万円包むことも検討します。

すでに結婚している場合には、自分が受け取った結婚の祝いを下回らにように気をつけます。

御祝儀以外に品物を贈る場合には。御祝儀と贈り物の合計が目安の金額となります。
結婚式に招待されているかどうかにも、御祝儀の金額が異なります。

披露宴を行わない場合や披露宴に招待されていない場合、欠席する場合には、食事代や引き出物の料金がかからないため基準額から1~2万円差し引いた金額で大丈夫です。

友人や同僚の場合は1万円ほど包む

友人や同僚の場合には、1万円ほど包んで結婚式の前にお渡しします。
ほとんど交流がない場合には、数名で御祝儀を集めて、連名で贈るという方法もあります。

連名にする場合には、御祝儀袋の表書きは3名までとし、4名以上の場合には一同として袋の中に全員の住所や氏名を紙に入れておきます。

結婚祝いより引用

親しい友人の場合には、お祝いのお金だけでなく記念となるプレゼントを贈るのもおすすめです。
贈るときには新郎新婦ふたりへのプレゼントとするおとがおすすめです。
友人の誕生日プレゼント感覚で選ばないように選んでいくように注意します。

新生活をはじめる二人に贈る場合

新生活をはじめる二人に贈るときには、家電や食器、調理器具やインテリアなどがおすすめです。
空気清浄機や掃除機など絶対に必要となる家電だけでなく、コーヒー好きな二人にはコーヒーメーカーや料理好きな場合にはブランドの鍋などがおすすめです。

金券は多くの人が喜ぶ贈り物です。
困っても困るものではないため、全国百貨店共通商品券や新居近くで使うことができるショップの金券などが喜ばれます。

ただし、金額がわかってしまうため、相手にどう思われるか気になる場合には金券は避けて品物を贈るほうが無難です。
ただし、切れるや割れる、そして壊れるをイメージしてしまう刃物やガラス類、壊れやすいつくりのものは避けるようにします。

自分が欲しいものの基準で贈り物を選ばない

自分が欲しいものの基準で贈り物を選ぶことは避けるようにします。
自分の好みを相手に押しつけてしまっても相手の趣味と合うとは限りません。

相手が困らない、個性が強いもの大きな観葉植物、絵画などは避けたほうが無難です。
相手が本当に欲しいものを贈るためにも、本人に希望の品を聞いてみるのもおすすめです。
祝福の気持ちが二人に伝わるように素敵なギフトを選ぶようにします。