耐震住宅の特徴と選ぶメリット

耐震住宅の耐震とは

耐震住宅の耐震とは、揺れを受け止めても建物が耐えられることを指します。

優れた設計や強い構造がなければ実現しないので、耐震住宅では高い技術力と確かな施工が求められます。

その為しっかりと造られた建物は、強い揺れにさらされても壊れない強度を誇ります。

何といっても幅広く造られているという位に、構造がシンプルで低コストなのが魅力的です。

一方の免震は建物全体を揺らして振動を受け流すので、揺れ幅が小さくなったり揺れの性質が変わります。

代わりにコストは大きく膨れ上がりますから、費用と効果を天秤に掛けて検討する必要があります。

しかも免震も万能ではなく、強い台風を受けると大きく揺れるロッキング現象が発生します。

耐震構造でも土台に近い1階部分の揺れが小さいので、比較する階によって印象が変わるでしょう。

近年は耐震に免震を組み合わせた構造の家も登場しているので、こういった構造で選ぶとより安心感が得られます。

コストが上がってしまうのは難点

ただ構造が複雑になる都合上、コストが上がってしまうのは難点です。

耐震に近い考え方の一つには、揺れをエネルギーとして捉える制振があります。

制振は耐震と同様に揺れを受け止めますが、免震のように受け流したりはせずに対処を行います。

具体的にはゴムやオイルなどの素材を組み合わせて、揺れを熱エネルギーに変換するのが特徴です。

耐震住宅とは違い上階でも揺れが小さくなるので、高さのある建物の地震対策を考える時に有効です。

ただし構造が強くなければ使えない技術ですから、制振は建物の耐震性能があってこそ実現します。

元々高層ビルに使われてきた技術なので、高さのある建物ほど効果が発揮される傾向です。

揺れ全般に対応できることから、台風などの強風にも耐えられるようになります。

建物自体が受けるダメージが少なくなるので、住宅の傷みを防いだり寿命を延ばしたい場合に向いています。

コスト的には中間的なバランスですし、構造が複雑化することもないので幅広く選ばれます。

これらと比べると、耐震住宅は費用対効果の優れる基本性能がメリットになります。

大きな地震を受けると揺れも大きくなりますから、その点を理解して選択することが大切です。

小さな揺れでも何度も振動を受ければ構造にダメージが蓄積するので、あまり地震の頻度が高くない土地での家造りに最適です。

他の地震対策でも耐震がベースとなっていますから、そういった意味で重要な考え方や技術だといえるでしょう。

耐震対策をお考えの方は東新住建へご相談ください。
・「東新住建」より一部抜粋