お墓に必要な墓地と墓石の種類

お墓を建てるということ

人が亡くなるとお墓を作って供養するのが日本の風習ですが、先祖代々のものがあればあまり気にしなくても良いものの、そこに入れなかったりそのようなものが存在しなければ、新しく建てる必要が出てきます。

急に行わなければならない事態になるものの、あまり日常的な出来事ではないため、何から始めればよいのかわからないことばかりです。

わからないことが多ければ、今ならインターネットで調べれば何でも情報を獲得できますので、まずはパソコンやスマートフォンで検索してみることをおすすめします。

※最近人気です→横浜永代供養墓

新聞やチラシの広告にも掲載されている例が多々あります。

 

重要な部分としては、お墓を建てる場所に当たる墓地と、建てる墓石の作成です。

墓地選びで候補にあがってくるのが、寺院と霊園です。

寺院は世間一般でお寺と呼ばれているところです。

お寺に行くとたくさんのお墓が並んでいる光景を見ることができますが、あれはすべて寺院と契約してそこに建てることを許されたものです。

寺院には宗教や宗派がありますので、信仰する対象によっては契約できない場合があります。

 

公営のものと民営のものが存在する霊園

霊園には公営のものと民営のものが存在します。

一般的に公営の価格が安く、人気があります。

管理をしているのは地方自治体ですが、その価格の安さから利用を望む人が殺到する傾向が強く、抽選で当選者を決める方法がよく行われています。

公営のものですから、宗教や宗派を不問とするものばかりです。

民営の霊園は宗教法人や公益法人などが運営をしています。

色んな種類が用意されており、数が多いため公営の霊園よりも契約がしやすいメリットがあります。

宗教や宗派を問わない例が多く、割と自由な契約内容であるのが特徴ですが、利益を求める事業の一環ですので価格は高くなりがちです。

墓石は石材店に依頼して作ってもらいます。

契約する墓地によっては石材店を指定している例があるため、作る前に確認しておくことをおすすめします。

墓石には和風と洋風、デザイン性の高いものが用意されています。

和風の墓石は昔からよく見る、一般的な縦長のお墓のことです。

洋風の墓石はあまり高さがなく、やや柔らかい滑らかなシルエットをしているのが特徴です。

デザインをアレンジしやすい特徴を持っています。

デザイン性の高い墓石は、一般的な縦長の形状にこだわらず、自由な形の墓石に仕上げるものです。

色に変化を加えたり、亡くなった人が生前趣味にしていたものを墓石で再現するなどの、ユニークなお墓を作れます。