ディアライフもおすすめする魅力あふれる都市バンコク

バンコクの街中

1.タイ人は「クルンテープ」と呼ぶバンコク

タイのバンコクのことを、タイ人は「クルンテープ」と呼びます。
あまりにも長い正式名称のため、初めの部分だけを使っているのです。

「天使の都」という名の通り、タイの人々は微笑みをたたえ、やさしく親切な印象があります。
タイは、未だかつてどこの国からも占領されたことのない歴史に誇りを感じています。

カンチャナブリーには、日本軍が作った鉄道橋が残っていて人気の観光スポットです。
また、各地に水上マーケットが点在しており、リバーボートでゆったり川を行きながら、昔ながらの暮らしを垣間見られます。

家から元気に泥川に飛び込んで、ボートの客に手を振ってくれる子供たちの姿に癒されること間違いなしです。

2.スクンビット地区は多くに日本人が住む

バンコクには日系の企業が数多く進出しており、スクンビット地区と呼ばれるエリアは、多くの日本人が住むことで知られています。
またその数は5000人以上だそうです。

スクンビット地区を含めバンコクには、日本食レストランも多くあります。
さらに、このエリアには民家を改築した隠れ家風レストランやお洒落な雑貨店がたくさん。

ただし、ソイの奥に存在することが多いため、交通の便が不便だということがあります。
お店を訪れる際は、タクシーを利用すると良いでしょう。

もっとディープなバンコクを楽しみたい人は、細いソイの中を自由自在に疾走するバイクタクシーに乗ってみるのも面白いです。

3.サイアム駅とチットロム駅の周辺はショッピングスポット

バンコクでショッピングするのに、最もポピュラーな場所は、サイアム駅とチットロム駅の周辺です。
チットロム駅近くには、巨大ショッピングセンター、セントラルワールドがあります。

日系デパートの伊勢丹、セントラルワールド、タイ資本のZENデパートの3つが入っています。
人気のアジアン雑貨のお店も入店していますから、お土産探しに最適です。

また、フードコートではお気軽価格で清潔な食事を取ることができます。
子連れの方にもおすすめします。

ただし、ランチタイムは周辺のオフィスワーカーたちですぐにいっぱいになるので、時間をずらして利用すると待ち時間を気にする必要がありません。

サイアム駅周辺エリアは、買い物などに訪れる若者が集まるスポットです。
駅に併設されたサイアムセンターでは、若者に人気のタイ人デザイナーブランドのバッグや服が売られています。

4.巨大なマーケットであるチャトゥチャックマーケット

週末だけ開かれるチャトゥチャックマーケットは巨大なマーケットです。
日用品から洋服まで、売られてないものがないくらい品ぞろえが豊富です。

すごくむし暑いので熱中症対策の水分補給や休憩は欠かせません。
朝1番に訪れて、ポイントを絞って、短時間で見てまわると疲弊しません。

マーケットの中には少数ですが、エアコンが効いたレストランがあるので、日中暑くなってきたら、とりあえず涼しいお店に逃げ込みましょう。

その他にも各地ではナイトマーケットが開かれています。
その一つは、スカイトレインのサパーンタクシン駅から、専用ボートで10分ほどの下流にある、アジアティークです。

5.タイの水上ボートは目的地へ効率よく運んでくれる

1000店以上ものショップが建ち並び、流行に敏感な若者をはじめ多くの人々が、買い物や食事に訪れる人気のスポットです。
バンコクの交通機関には、ユニークなものがあります。

メディアなどでもよく紹介されるタイの水上ボートは、ひどい渋滞時にも目的地へ効率よく運んでくれる優秀な移動手段です。
地下鉄で、蒸し暑い市内を涼しく快適に移動できます。

渋滞のひどい時間帯には、リバーボートと合わせて移動すると時間短縮が可能です。

また、高架を走るスカイトレインに乗れば、街の眺めを高いところから楽しめます。
スカイトレインは街の中心部や開発中のエリアまで走っているので、現地の日常風景を感じられます。

6.タイ料理はスパイシーで複雑な味わいが豊か

世界中の人を魅了するタイ料理はスパイシーで複雑な味わいが豊かです。
甘味、辛み、酸味、苦み、塩見、旨味が一体となったタイ料理は、タイ人に限らず多くの外国人の胃袋を掴んでいます。

世界3大スープの1つに数えられるトム・ヤム・クンを始め、タイには美味しいグルメが盛りだくさん。
タイの女性たちに人気のあるソム・タム・タイという料理があります。

青パパイヤをそぎ切りにして、プリッキーヌーと言われる小さな青とうがらしや血糖値を上げにくいと話題のヤシ砂糖、ナンプラー、ライムの絞り汁、炒った干しエビなどを混ぜ合わせたスパイシーなサラダです。

辛いものが苦手な方は、「マイ・サイ・プリック」と、唐辛子を入れないようお店の人にお願いします。
また、パパイヤには豊胸効果があると信じられています。

美味しいだけでなく、体に良いことも人気の秘密でしょうか。
旅先で食べた美味しいタイ料理を自宅で再現したい方は、現地でタイ料理教室に参加してみると楽しいです。

そのほか語学に興味がある方は、1日体験できるタイ語教室に参加してみるのも面白いですね。
小さなお店ではタイ語しか通じないことが多く、数字や挨拶、いくらなどの表現を知っておくと便利でしょう。

出典元:ディアライフバンコクアパート