c0banの仮想通貨とアプリの相乗効果

c0banアプリについて

c0banアプリは、コマーシャル動画と、仮想通貨を組み合わせたプラットフォームとなっています。

取り扱っている商品や、サービスをアピールしたい会社や、ショップは、アプリのコンテンツとしてオリジナルのコマーシャル動画を無料で配信することができ、アプリを利用する人が最後まで視聴したときにだけ、広告費を支払うことになります。

アプリは、仮想通貨を広告費として支払うことができるという特徴があり、コマーシャル動画を視聴したアプリユーザーは、c0banをコマーシャル動画の配信した会社やショップから直接受け取ることができるというメリットがあります。

これまで打ち出されてきたコマーシャルは、会社やショップが広告費を支払って、コマーシャル動画を制作して、ターゲットとしている客層の人たちに提供してきました。

コマーシャル動画を視聴する人たちは、無料で視聴することができますが、会社や、ショップが伝えたいことがターゲットとしている客層の人たちに本当に視聴されているかどうかを正確に知ることが出来ないというのが実情でした。

コマーシャル動画について

c0banアプリのコンテンツとして配信されているコマーシャル動画は、会社やショップが取り扱っている商品や、サービスをアプリユーザーに向けて直接アピールすることになります。

飲食店などが提供するコマーシャル動画の場合は、配信した日だけの限定メニューを撮影して、アプリユーザーにリアルタイムで届けることもできるようになっています。

アプリを利用する人にとってのメリットとして挙げられるのはアプリに配信されている会社や、ショップのコマーシャル動画を視聴すると、c0banという仮想通貨を獲得することができることです。

視聴することによって貯めた仮想通貨は、飲食代だけでなく、インターネット通販などで商品や、サービスの代金を決済できるようになっていくことが予定されています。

会社やショップのメリットとして挙げられるのは、既存のお客様や、潜在的なお客様に対して価値を直接提供して、前もってお客様を囲い込むことが可能なことになります。

仮想通貨を獲得したアプリユーザーが、仮想通貨を利用して商品や、サービスの代金を決済したときには、さらにお得な特典を受けることができる場合もあります。

そして、c0ban広告は、アプリユーザーがどの会社やショップから仮想通貨を獲得したかを、ビッグデータとして蓄積し今後の運用に生かしています。