歯を白くする簡単なやり方から専門的な方法まで

歯を白くする、鏡を見てそう希望する人は少なくありませんが、いざ実際に白くしようとすると、どのように行えば良いか分からないものです。

歯が変色する原因は主に、色素の沈着が挙げられますが、色素は歯の表面に留まっているので、表面を磨けば白い歯が蘇ります。

最も歯を白くする手軽な方法としては、何処の家庭にも一つはある、重曹を歯磨き粉代わりに歯を磨くやり方です。

重曹は粒子が柔らかいものの、適度な研磨作用がありますから、歯磨きに使うと歯を白くする効果が得られます。

肝心なのは、毎日続けることと、力を入れて過度に磨き過ぎない二点にあります。

重曹を毎日使用する場合は、毎食後歯磨き粉代わりに使うのではなく、夕食後に限定して使用することがおすすめです。

磨き過ぎが防げますし、効果があれば十分に感じられますから、経済的で無駄なく歯を白くすることが出来ます。

一方では、力加減も重要なポイントで、力を入れ過ぎると歯が大きく削れたり、歯茎を傷めてしまう恐れがあります。

前者は虫歯のリスクを高めたり、知覚過敏の原因になることもあるので、優しく丁寧に薄皮を剥くように磨くことがコツです。

暫く試しても変化がなく、全く満足感が得られない時は、市販のホワイトニング歯磨き粉を選ぶ段階といえます。

市販の歯磨き粉は、用途が様々な重曹とは違い、歯を磨く目的に合わせて作られています。

効果的な使い方を始めとして、実際に現れる効果に期待出来ますから、重曹を試して効果がなければ、次の段階の選択肢に加えてみましょう。

市販の選択肢では、他にも消しゴムタイプやペンタイプ、海外で話題のテープが候補に挙がります。

しかし、確実に歯を白くする必要があるなら、やはり医療技術を持つ医者に相談する方法が有効的です。

費用は多く掛かりますが、手間がなくて効果が早く、そしてより確実に白い歯が手に入る点が最大のメリットになります。

一度の施術によって、長ければ半年間は効果が持続しますし、毎日自宅で努力を続ける手間から解放されます。

市販品と医療技術、そのどちらを選ぶかという分かれ道は、効果の持続時間と、効果を発揮する期間あたりの費用で決まります。

どの選択肢を選んだとしても、毎日のセルフケアは必要不可欠です。

無駄が少なく失敗が避けられるおすすめは、気軽に試せる方法から試し、段階的に効果が期待出来るやり方に挑戦するステップアップです。

早めに効果が出ると経済的な負担が減りますし、市販品で効果がなければ医療技術が必要だと分かるので、状態に合った最適な方法が選びやすくなります。

最終更新日:2016年10月31日