富士学院で商標登録に関する知識を学んだ

商標登録の手続きは、とても簡単、というわけではありませんが、ものすごく難しいというほどでもありません。
やろうと思えば、自分で行うことだって十分可能です。

けれど、インターネットで「商標登録」と検索すると、たくさんの弁理士のサイトがヒットすると思います。
自分でもできる商標登録をこういったプロに頼むのは、どういうメリットがあってのことなのでしょうか。

まず、商標登録をするためには、その商標がすでに登録されているものでないかどうかを調べる必要があります。
これはインターネット上などで検索することができますが、類似のものがあった場合も許可がおりず、線引きがかなり難しいものとなっています。
それに、探したつもりでも、慣れていない作業ですから、見落としてしまう、ということも十分あり得ます。
プロに頼んだ場合は、当然そういうことはなく、きっちりとした事前調査をしてくれます。

また、商標登録は登録の許可が下りるまでに半年から1年程度かかるのが普通ですが、早期審査という制度があり、申し立てをして要件を満たすと認められた場合は、1か月程度で結果を出すこともできます。
弁理士は、こういった早期審査の要件や方法も熟知していますから、急いでいる人にとってはありがたいですね。

商標登録を出願するときに躓きがちな区分の問題もあります。
一番メインの区分は迷わないにしても、どこまでの区分に登録すればいいのか、ということが、素人にはわかりにくいのですね。
プロに頼むことで、自分が行いたい事業のためにはどこの区分に登録すれば過不足ないのか、ということを正確に知ることができます。

最後に金銭面ですが、プロに頼めば、当然依頼料がかかります。
しかし、商標登録は、出願だけで最低12,000円がかかりますし、複数になれば当然金額も上がります。
自分で適当な出願をしてしまって却下され、お金を無駄にしたり、必要ない区分に登録して登録料を支払ったりするよりは、最初からプロに頼んでしまったほうがいい、ということもあり得るわけです。

自分でやってみよう

弁理士事務所などに頼んで商標登録手続きをしてもらうことも当然できますが、個人商店の屋号やサービス名などを登録する場合は、お金をかけて頼むより自分でやってしまいたい、という人もいるかもしれませんね。
もちろん、商標登録は自分で手続きすることも可能です。

商標登録をしてみようかな、と思ったら、まず、特許庁のホームページで商標登録の説明を見てみましょう。
ここには、商標とはそもそもどんなものなのかという説明から始まって、商標登録のためにはどんな手続きを取れば良いのかが詳しく書かれています。
これを読んでみて、自分でもできそうだな、と思ったら、チャレンジしてみましょう。

まず、特許電子図書館で、自分が申請しようと思っている商標が、他の人の商標として既に出願されてしまっていないかを調べます。
区分が違えば問題ありませんから、自分が出願しようとしている区分に、同じだったり、似ている商標がないかを検索してみましょう。

次に、特許庁に提出するための商標登録願の申請書を作りましょう。
商標登録願の詳しい書式や記入の仕方などは、特許庁のホームページに出ていますから、それを見て作ってみてください。
また、たくさんの個人ブログやサイトなどでも書き方を解説してくれていますから、そういったところを参考にするのも良いでしょう。

作り終ったら、特許印紙を貼付します。
郵便局で買うことができますから、必要な金額分を購入して貼付しましょう。

この書類は、パソコン上で書類を作ってインターネット上で出願することもできます。
名前であればテキストデータで、ロゴであればイメージ画像で申請すれば良いので、簡単ですね。
この場合の特許印紙代は、ネットバンキングを使って支払うことができるようになっています。

全てインターネット上で手続きすることもできますから、これからチャレンジしてみようという人は、わざわざ手書きで書類を作成したり、郵便局に印紙を買いに行ったりするよりもずっと簡単にできると思います。

→富士学院 評判