どのようなドッグフードがお勧め?

愛犬の食べるものに関しては、とことんこだわりたいという飼い主の方は多いと思います。
しかし、実際にどのようなドッグフードを選べば良いのか迷ってしまうほど、たくさんのドッグフードが販売されています。
最近では海外製のドッグフードも増えてきていますので、安全性の面でも、かなり慎重になる必要もあります。

簡単ではありますが、どのようなドッグフードを選べば良いのか、参考になるような情報を説明させていただきます。
まず考えなければいけないものとして、ドッグフードの主成分が何かということです。

この情報すら調べずに愛犬の食事を選ぶのは、完全なNGになります。
犬は本来、肉食になりますので、ドッグフードに関しても、やはり主要な成分は肉であることが望ましいと言えます。

しかし、最近のドッグフードの中には、主成分が穀物になってるものもあります。
例えば、とうもろこしや小麦などの穀物や穀類繊維などが使われています。

このような植物が主成分のドッグフードでは、愛犬の体に非常に大きな負担をかけることになります。
つまり、犬の消化器官の長さが人よりもずっと短いために、穀物という消化に時間のかかるものは、基本的に向いていないということです。

ですから、人間にとって健康的に思えるようなものでも、犬にとっては健康的なものとは言えないということを覚えておくことは大切です。
実際、獣医師の中には、多くの犬の健康を破壊している原因の一つが、この穀物主体のドッグフードにあり、犬の栄養不足やバランスの欠如につながっていると警鐘を鳴らしている人もいます。

では、主成分が肉ということだけでドッグフードを選んでも良いのでしょうか?
そうではありません。
加えて、ドッグフードに人工添加物が含まれていないかどうかを調査してみることにしましょう。

この面で参考になるのが、消費期限の長さになります。
数か月から数年の消費期限のあるドッグフードは、基本的に人工添加物が入っていると考えることができます。
特に海外製で、長い間倉庫に置かれていたようなものは絶対に避けましょう。

加えて、ドッグフードに使われている肉がどのようなものかという点は忘れてはいけない点です。
つまり、ドッグフードに使われる動物がどのように育ってきたのかということも重要であるということです。

使われている肉の中には、劣悪な環境の中で育てられ、病気にならないように多くの薬品を使われているものもあります。
こうした肉を使っている場合には、どんなに人工の添加物に注意しても、材料自体が悪いということになりますので、愛犬にとっては危険でしかありません。
簡単ではありますが、こうした点を少なくとも考慮してドッグフードを選んであげてください。

 

 

カナガンドッグフード 口コミ